TOP > 掲載誌(一覧) > Men’s Joker 2018年1月号

掲載誌

Men’s Joker 2018年1月号

発行日:2017年12月9日

JOKER2018.01

JOKER2018.01_P121

ichiの小物
ハンドメイドへの徹底したこだわりを貫くichi。人の手が生み出し、人が使うことによって育っていく一点ものはまさに大人の嗜好品と言える。高級感、独自性、日本生まれによる和の美しさの全てを兼ね備えた逸品となっている。問ichi渋谷店☎︎03-3770-0789

ノロリング(細)
製鉄寺に不純物として排出される鉱滓(ノロ)を用いて製作した新作リング。細身でスッキリとしたシルエットでありながらも、唯一無二な雰囲気を見せているのが特徴だ。1万4000円

ノロリング(太)
焼け焦げたようなボディが目を引く個性的なデザイン。職人の細かい技術が光っている秀作だ。程よいボリューウ感があるので、1点使いでもしっかりと存在感を主張してくれる。2万4000円

鎚目金挟みリング(太)
重厚感のあるボディは一打一打、熟練した職人による丁寧な鍛造技法で制作されたもの。一点だけで、十分な存在感を放ってくれるのも魅力。男らしさを引き上げてくれるリングだ。2万2000円

鎚目金挟みリング(細)
さりげなく挟み込んだK18ゴールドが特徴のリング。丹念に打ち込まれた鎚目の凹凸が、美しい輝きを放つ。主張しすぎでない細身のボディだからこそ、品の良さが際立っている。2万1000円

ノロトップ
シルバーをくすんだような風合いに仕上げて、より一層味わい深いルックスに。たたら製鉄のノロの奥深さに歴史を感じることができるペンダントだ。2万3000円

レザーブレス
肉厚な牛革に柿渋を施したichiならではのレザーブレス。シンプルなデザインだからこそ、スタイルを選ばずに着用できるのが嬉しい。手作業で磨き上げた美しいコバにも注目だ。9000円

ノロバングル
武骨な印象を放つボディは、職人が鍛造技法を用いて作り上げたもの。洒脱な雰囲気を取り入れたいときにぴったり。手首にしっかりとフィットする。2万8000円

ささらご折財布
一頭の馬からわずかしか採取できない、非常に希少性の高いコードバンを使用。さらにichiオリジナルの柿渋染を施したことで、上品な光沢感を獲得した。4万4000円

ささらご名刺入れ
革のダイヤモンドと呼ばれるコードバンを使用し、さらに日本古来の線量である柿渋を施した総手縫いの名刺入れ。ポケットが2層になっている。2万7000円

JOKER2018.01_P178

04 ichi WALLET

<イチ>の職人がひとつひとつ丁寧に漆を塗布した革を使用
心のこもった丁寧な仕事で銀細工や革製品を生み出している<イチ>から、新たな素材を使用した財布が発表された。素材は、日本の伝統として受け継がれてきた蒔絵の工芸品などにも使われる漆(うるし)を塗布した革。現代は木製品に塗布した器などなじみが深いが、大切なものに漆皮が愛用されていたという歴史もある。塗布する濃度を変えると色の濃淡が誕生し、どちらも一般的なレザーとは異なる味わい深い表情だ。

<イチ>の創業時から定番として愛されてきた差し込み式の三つ折り財布。金具を一切使用せず、差し込みだけでホールドする機能を兼ね備えた簡素な美しさは日本だから生まれた意匠と言える。文句なしの使い勝手だ。

右開きor左開き?
自分好みをチョイス可能!
ボトムスの後ろポケットの右側に入れるか、左側に入れるか。どちらの手で持ち、どちらの手で三つ折りの差し込み部分を引き抜くか。自分の使い方に合わせて、右開きと左開きのどちらかを選べる。各3万2000円〜