TOP > 新着情報(一覧) > アナベル

今週の瓶花

アナベル

200629

 

紫陽花の仲間でちょうど今のような梅雨の時期に花期を迎えます。

調べていくと面白い変化をする花だということがわかりました。

 

実は蕾から花を咲かせる過程でどんどんと花の色が変化していくのです。

蕾の頃は淡い緑、花が咲くと白、さらに咲き進んでいくと再び緑に変化し、秋を迎える頃にはドライフラワーのように乾燥した茶色になります。

 

購入した段階ですでに鮮やかでみずみずしい黄緑色をしていたので、これから夏を超えて秋になる頃に渋く茶色へと変化していくのだと思っています。

植物と一緒に季節の移ろいを感じられるのは、なんだか風情があって良いですよね。

 

アナベルについて、もうひとつ気になったエピソードを。

アナベルという名前の由来にはいくつかの諸説があるようです。

 

その1.古代ローマ時代の男性名アマビリスを女性化したアナベルに由来するという説

 

その2.アナベルの原種が発見されたイリノイ州アンナ市にちなんでいるという説。

「Anna belle」は「アンナの美人」という意味。

 

その3.エドガー・アラン・ポーが最後に残した詩「アナベル・リー」に由来するという説。

ちなみにこの詩は、アメリカの地方伝説である船乗りの娘の悲恋の物語を元に創作されたのではないかと言われているそうです。

その伝説は亡くなってしまった娘を思い続ける船乗りの話で、ポーは若くして亡くなった妻への思いをこの詩の中で綴っているのだとか。

 

真相は確かではありませんが、可憐で繊細な花姿に相応するものばかりですよね。

 

 

さて、梅雨真っただ中の近頃。

ジメジメとした曖昧なお天気が続きますね。

 

ぜひ涼みがてらお立ち寄りください。

たのしいお話で鬱屈とした気分を吹き飛ばしましょう!

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

ichi