TOP > 新着情報(一覧) > ストック

今週の瓶花

ストック

181210

 

ほんのりと甘い香りの漂うストック。

赤や白、ピンクなどの花色が存在しますが今回は季節を意識して白を選びました。
春の花だそうですがもうすでにお花屋さんの店先には並んでいました。

ストックについて調べてみるとこんな逸話が出てきました。

「その昔、ある国のお姫様が敵国の王子と恋に落ちました。しかし、二人のことがお姫様の父親に知られてしまい、姫はお城から出られなくなってしまいます。そこで、王子が夜中に城の屋上にロープを投げ入れ、姫がそのロープを伝って降りてくるという方法でひそかに会うようになりました。しかし、ある日そのロープが切れて姫は亡くなってしまったのです。それを哀れんだ神様が姫をストックの花に変えたのです。」

 

なんとも悲しいお話。

まるであの有名なシェークスピアの悲劇、ロミオとジュリエットのようです。

主人公ロミオとヒロイン・ジュリエットも敵国同士、禁断の恋を経てやがては命を落としてしまいます。

お互いに相手を想うあまりに避けることのできなかった運命なのかもしれません。

 

二人の運命はあまりにも儚く切ないですが、ひとつのフィクションとして捉えると残酷ながらも美しささえ感じてしまいます。

これはシェークスピアの虜だからでしょうか。それとも人間の性でしょうか。

 

芸術の秋・・・を通り越して季節は冬ですね。今冬は雪が降るかなぁ・・期待しながら年越しを迎えるつもりです。

今年も残りわずか!皆様にお会いできますのを心より楽しみにしております!!

ichi